協会について

ツーバイフォー建築協会とは

木造建築において安全性、居住性、デザイン性に優れ高い品質での施工が可能な工法として広く愛されるツーバイフォー工法。
日本では「枠組壁工法」とも呼ばれ、地震大国日本の建築物を支える工法として多くの木造建築物で採用されています。
当協会では、より多くの方々に安全で快適な居住空間を提供出来たらという想いでこのツーバイフォー工法を推奨しております。

支部長ご挨拶greeting

支部長あいさつ

誠に遅蒔きながら(一社)日本ツーバイフォー建築協会九州支部も、今般漸くホームページ開設の運びとなり、ご尽力賜りました関係各位に厚くお礼申しあげます。
ところで昭和49年に建築基準法の技術基準告示を受けて今年で46年目を迎えるこの「枠組壁工法」を、何故ツーバイフォー(2×4)工法と呼ぶのか、皆様はご存じでしょうか?一般的にはフレーミングの際、最も多く使われるスタッド材の小口寸法が「2inch×4inch」だからと私達は教わりましたが、それじゃ一体誰がこの「2×4工法」の名付け親なのか?それは「はっきりとは判らない?」と云うのが模範解答のようです。どうも2×4工法がオープン化される前の昭和40年前後から、木場のランバー材輸入業者の若手達がこのスタッド材のことを「ツーバイーフォー材」と呼び始めたらしく、恐らくそれらの木材関係者から拡散されて「2×4工法」の名称が定着し、当協会もしっかり活用させて頂いていると云う次第です。出自は大変謎めいた「2×4工法」ですが、その実態はこの46年間に何と累計300万戸を全国に供給し、また国内住宅着工戸数の12%に届かんとする勢いであり、高気密、高断熱、そして耐震性能等は住宅市場に広く受け入れられ、これからは国産材活用との相乗効果を鑑みて、非住宅部門にも積極的にその可能性を追求して参りますので、今後の2×4九州支部の活動に何卒ご注目下さい。
全世界に蔓延するコロナウィルスの一日も早い終息を祈念申し上げ、ホームページ開設の支部長挨拶と致します

令和2年4月3日

(一社)日本ツーバイフォー建築協会九州支部長 小 倉 和 彦

九州支部概要Overview

名称 一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会 九州支部
所在地 〒812-0007 
福岡県福岡市博多区東比恵4-2-10 東比恵ビジネスセンターⅢ 6F
三井ホーム株式会社 九州支店内
電話番号 092-472-5573
FAX番号 092-472-5575

役員一覧Officer

役職氏名会社名地域
支部長

小倉 和彦

三和ホーム宮崎株式会社 宮崎県
副支部長 山下 隆吉 中村建設株式会社 福岡県
副支部長 岩堀 博隆 株式会社 岩堀工務店 福岡県
幹事 矢野 崇幸 株式会社 建図宮崎 宮崎県 
幹事 際田 俊一 千里殖産 株式会社 熊本県 
幹事 門田 栄一郎 辰巳住研株式会社 福岡県 
幹事 菊澤 尚幸 三井ホーム株式会社 福岡県 
幹事 林 雅文 株式会社 さつまファインウッド 鹿児島県 
幹事 髙倉 健一 西日本グッドパートナー 株式会社 大分県 
幹事 江田 光成 株式会社ベツダイ 大分県
監事 泊岩 健 株式会社 智建ホーム 福岡県 
支部事務局長 松山 淳 三井ホーム株式会社 福岡県 

アクセスマップAccess map

電話する

お問い合わせ